希望ヶ丘動物病院
-笑顔あふれる動物病院-
<<HOMEへ戻る
フィラリア症について

|フィラリアって何?
フィラリアは蚊が媒介する犬・猫の寄生虫病で心臓に約30cmの糸状の細長い虫が寄生し心臓病を引き起こします。
主に右心室と肺動脈という心臓から肺に血液を送る部分に寄生し右心室肥大や肺動脈高血圧症を起し、心臓が体に充分に血液を送れなくなる心不全に移行していきます。
また後大静脈塞栓症といって、肝臓と右心房の間の大静脈にフィラリアが大量に詰まると血尿や肺水腫といって肺に水が溜まり急死することもあります。


|予防が一番!
フィラリア症は蚊が媒介する病気ですから蚊の活動する時期に正しく体重に応じた量の予防薬を投与することにより100%予防が出来ます。
蚊が活動し始める5月頃から蚊の活動がなくなってから1ヶ月後の11~12月まで1ヶ月に1回予防薬を投与します。
予防薬には錠剤、顆粒、チュアブル、スポットタイプなどがありますので投与しやすい方法を選択して下さい。
6ヶ月に1回予防の注射をする方法もあります。


|猫も感染します
猫の場合は犬と異なり主に肺に障害を起します。
原因不明のしつこい咳、呼吸困難、嘔吐、元気消失などで突然死した場合フィラリア症が原因のことがあります。
猫のフィラリア予防薬にはチュアブルタイプのものと皮膚に染込ませるスポットタイプのものがあります。

病院紹介
診療内容
ペットを長生きさせるには?
フィラリア症について
患者さんのご紹介
お問合せ

<<HOMEへ戻る
友達にサイトを教える
希望ヶ丘動物病院
〒464-0044
愛知県名古屋市千種区自由ヶ丘2丁目9番26号
周辺地図はこちら
052-762-0112
9:00-12:00/17:00-20:00
日曜・祝日
画像 http://www.kibougaoka-ac.com